メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

海部宣男・評 『鳥! 驚異の知能 道具をつくり、心を読み、確率を理解する』=ジェニファー・アッカーマン著

 (講談社ブルーバックス・1404円)

学習と脳の力はヒト科なみ

 今年の『ナショナル ジオグラフィック』誌は鳥特集を続けている。二月号は「鳥の知能」だった。シアトルに住む八歳の女の子がカラスに餌をあげていたら、そのカラスが毎日のように「贈り物」をするようになった。死んだトゲウオ、ペンダントやきれいな石もある。瓶のふたに乗って雪の斜面を何度も滑り降りるカラス、段ボールで道具を作るオウムなど。いまや鳥によっては、脳とその働きは大型類人猿並みかそれ以上と考えられている。三億年以上前に恐竜と哺乳類に分かれた鳥とヒトが、それぞれ脳を大型化し高い知能を生んだ。では地球外の生命存在が可能な惑星で生命が生まれたら、やがて知性が発達し文明を生み出すか? それとも知性の発生は奇跡? どうやら奇跡ではないと地球の鳥たちが語っているように、私には思われる。

 そんな鳥のエピソードが満載の本書。私が知る限りはじめての、鳥の知能に関する研究最前線の総合的紹介だ…

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1434文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです