メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『草薙の剣』 著者・橋本治さん

橋本治さん

 ◆『草薙(くさなぎ)の剣』 橋本治(はしもと・おさむ)さん

 (新潮社・1836円)

時代を丸ごと長編小説に

 戦前、戦後から平成末期まで。日本の近現代を生きた「普通の人々」の姿と、その時代を描いた。世代が異なる6人の男の家族を、等距離に、一気に一つの長編に収めた力業だ。

 「一人の人間を主人公に何かを書くのは限界だとずっと感じていました。自分という一要素は、時代や社会の一要素になっている。真っ向から、時代を丸ごと書いてやろうというのがありましたね。一家3代の話では平均化できません」

 昭生(あきお)、豊生(とよお)、常生(つねお)、夢生(ゆめお)、凪生(なぎお)、凡生(なみお)--…

この記事は有料記事です。

残り687文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  4. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  5. 勝間和代さんパートナーシップ解消 LGBT活動家の増原裕子さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです