メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

『草薙の剣』 著者・橋本治さん

橋本治さん

 ◆『草薙(くさなぎ)の剣』 橋本治(はしもと・おさむ)さん

 (新潮社・1836円)

時代を丸ごと長編小説に

 戦前、戦後から平成末期まで。日本の近現代を生きた「普通の人々」の姿と、その時代を描いた。世代が異なる6人の男の家族を、等距離に、一気に一つの長編に収めた力業だ。

 「一人の人間を主人公に何かを書くのは限界だとずっと感じていました。自分という一要素は、時代や社会の一要素になっている。真っ向から、時代を丸ごと書いてやろうというのがありましたね。一家3代の話では平均化できません」

 昭生(あきお)、豊生(とよお)、常生(つねお)、夢生(ゆめお)、凪生(なぎお)、凡生(なみお)--。60代から10代まで、ちょうど10歳違いの男たちが主人公である。よく似た名前の頭文字には、各世代を象徴する一文字を充てた。ただ、名前が与えられているのが彼らだけで、それぞれの祖父母や両親、きょうだいらも登場する。「最初に10年刻みで6人の年表を作ったんです。親の世代も含めて。そこに時代の事柄をはめ…

この記事は有料記事です。

残り537文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏は国会で虚偽説明し続けていた…「桜を見る会」前夜祭 立件可否焦点に

  2. 大阪市北区、中央区で休業・時短要請へ 27日から15日間 50万円給付調整

  3. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  4. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  5. 安倍前首相周辺が補塡認める 「桜を見る会」前夜祭

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです