メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
今週の本棚・新刊

『海洋の環 人類の共同財産「海洋」のガバナンス』=エリザベス・マン・ボルゲーゼ著

 (成山堂書店・2808円)

 著者の故エリザベス・マン・ボルゲーゼ教授は海洋の総合管理の推進に長く取り組み、「海洋の母」と呼ばれた。本書は、彼女の原著「The Oceanic Circle」を笹川平和財団海洋政策研究所が日本語版として出版した。地球表面の7割を占める海を人類の共同財産として治めるにはどうすればいいのか。この問いに対し、あるべき姿を提示した「海洋ガバナンスの指南書」と言え…

この記事は有料記事です。

残り291文字(全文485文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです