メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルーツを訪ねて

サッカーW杯日本代表候補/4 大敗経て意識変化 FW杉本の恩師、金尚益さん(60)

金さん

 高校3年でプロになり、2012年ロンドン五輪出場。エリート街道を歩いてきたFW杉本健勇(25)=セ大阪=だが、元々は優等生タイプではなく、むしろ問題児だった。

 小学4年生で地元・大阪のサッカーチーム、FCルイラモスヴェジットに入団した。しかし、当初は夜遊びをしたり、練習をサボったり。何度も「サッカーをやめたい」と口にもした。チームの金尚益監督(60)は「何や、こいつは」と面食らうと同時に「この子がサッカーをやめたらどうなるのか」と心配した。集合場所に杉本の姿がなければ、両親に「健勇が来るまでこの場所を動きません」と連絡を入れ、正面から向き合った。

 そんな杉本が小学5年の時、試合で大敗したことを機に変わり始めた。友人からの遊びの誘いも「俺はサッカ…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文700文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. パチンコで4人の子放置の疑い、両親逮捕 3カ月の三男は留守中に死亡 兵庫県警

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです