メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ルーツを訪ねて

サッカーW杯日本代表候補/4 大敗経て意識変化 FW杉本の恩師、金尚益さん(60)

金さん

 高校3年でプロになり、2012年ロンドン五輪出場。エリート街道を歩いてきたFW杉本健勇(25)=セ大阪=だが、元々は優等生タイプではなく、むしろ問題児だった。

 小学4年生で地元・大阪のサッカーチーム、FCルイラモスヴェジットに入団した。しかし、当初は夜遊びをしたり、練習をサボったり。何度も「サッカーをやめたい」と口にもした。チームの金尚益監督(60)は「何や、こいつは」と面食らうと同時に「この子がサッカーをやめたらどうなるのか」と心配した。集合場所に杉本の姿がなければ、両親に「健勇が来るまでこの場所を動きません」と連絡を入れ、正面から向き合った。

 そんな杉本が小学5年の時、試合で大敗したことを機に変わり始めた。友人からの遊びの誘いも「俺はサッカ…

この記事は有料記事です。

残り373文字(全文700文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです