メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

全日本選抜体重別選手権 高3素根が連覇 女子78キロ超級

 柔道の世界選手権(9月・バクー)の代表選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権が7日、福岡市の福岡国際センターで開幕し、男女計7階級が行われた。男子73キロ級は、昨年の世界選手権優勝の橋本壮市(パーク24)が決勝で、五輪2大会連続銅メダルで階級変更した海老沼匡(同)を破って2年連続3回目の優勝を飾った。

 2016年リオデジャネイロ五輪金メダルの大野将平(旭化成)は準決勝で海老沼に敗れた。

この記事は有料記事です。

残り1452文字(全文1646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  3. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  4. ORICON NEWS クミコ「妻が願った最期の『七日間』」著名人26人から共感の声 大竹しのぶ、井上芳雄、谷川俊太郎ら

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです