メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

LGBT

福岡で制服を考える会 詰め襟「きつい」

学校制服の問題について話す石崎さん=福岡市博多区で2018年4月7日、蓬田正志撮影

 多様な性に配慮し、学校の制服のあり方を考えようと、PTA関係者や教職員らでつくる福岡市の任意団体「福岡市の制服を考える会」は7日、同市博多区で学習会を開いた。戸籍上は男性だが、現在は女性として過ごす大学生(19)は詰め襟で過ごした高校時代を「着るのが当たり前だと思っていたが、男として扱われるのが嫌だと思い始めた時、きついと思った」と振り返った。【蓬田正志】

 福岡市教委では今年度から性的少数者に配慮し、詰め襟やセーラー服以外からも選択できるよう市立中学校の制服のあり方を検討することにしている。

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文506文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

  2. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  3. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 時代の風 菅政権1カ月 民主主義の本質は議論=藻谷浩介・日本総合研究所主席研究員

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです