メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カピバラ

飼育員びっくり “箱入り娘”実は雄だった

雄と分かったカピバラのバァラ(手前)。左奥は雌のカピィ=高知市の桂浜水族館で、郡悠介撮影

 昨夏に雌として桂浜水族館(高知市浦戸)にやって来たカピバラ2頭のうち1頭が、実は雄だったことが判明した。水族館は「“箱入り娘”として飼っていたのでびっくり。今後は男の子やカップルにちなんだイベントも開いていきたい」と前向きに捉えている。【郡悠介】

 雄と分かったカピバラの名前はバァラ(1歳)。昨年8月、徳島市内の動物園から雌のカピィ(1歳)と一緒に移ってきた。桂浜水族館は繁殖を考えず、より気性が穏やかとされる雌を希望した。

 ところが昨年末、同館の飼育員がバァラに触れていた際、下腹部の違和感に気付いた。当初は腸が体から出て…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文657文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 京都市がホテル新規開業「お断り宣言」 オーバーツーリズム

  2. 東大大学院特任准教授が中国人差別ツイート 大学謝罪、企業は寄付停止表明も本人は反論

  3. 「いちごさん」親苗盗まれる 佐賀県の新ブランドイチゴ

  4. 大阪女児誘拐 容疑者は「せつじろう」 ハンドルネームでやりとり

  5. 野党のシュレッダー視察を内閣府拒否 「官房長の判断でだめと決まった」と押し切る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです