メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

カピバラ

飼育員びっくり “箱入り娘”実は雄だった

雄と分かったカピバラのバァラ(手前)。左奥は雌のカピィ=高知市の桂浜水族館で、郡悠介撮影

 昨夏に雌として桂浜水族館(高知市浦戸)にやって来たカピバラ2頭のうち1頭が、実は雄だったことが判明した。水族館は「“箱入り娘”として飼っていたのでびっくり。今後は男の子やカップルにちなんだイベントも開いていきたい」と前向きに捉えている。【郡悠介】

 雄と分かったカピバラの名前はバァラ(1歳)。昨年8月、徳島市内の動物園から雌のカピィ(1歳)と一緒に移ってきた。桂浜水族館は繁殖を考えず、より気性が穏やかとされる雌を希望した。

 ところが昨年末、同館の飼育員がバァラに触れていた際、下腹部の違和感に気付いた。当初は腸が体から出て…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文657文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  2. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上
  3. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  4. 面前DV判決 元少年に必要なのは…重い刑罰か治療か 
  5. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです