メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

逆境乗り越え成長 26歳の橋本

男子73キロ級で優勝し、笑顔を見せる橋本=福岡国際センターで2018年4月7日、徳野仁子撮影

 柔道の全日本選抜体重別選手権は7日、男子73キロ級は、橋本壮市(パーク24)が決勝で、海老沼匡(同)を破って2年連続3回目の優勝。

 高校生以来という坊主頭の男子73キロ級世界王者の橋本には期するものがあった。2月に国立スポーツ科学センター(JISS)に無断で知人を入れて全日本柔道連盟から強化指定ランクの降格処分を受けた。「気合と反省の気持ちを込めた」と、橋本は世界選手権の代表と自らの汚名払拭(ふっ…

この記事は有料記事です。

残り303文字(全文504文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

  2. 氷バケツ運動のピート・フレーツさん死去、34歳 ALSで闘病生活

  3. 「脱皮」のダイオウグソクムシ死ぬ 世界初の前半部脱皮ならず 鳥羽水族館

  4. 唐揚げ、焼きそば、瓶ビール…官邸幹部の「セコい裏技」露呈 「桜を見る会」弁明

  5. 安倍首相公式ツイッター、ローマ教皇と誤り別のアカウントを拡散

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです