メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

「満塁は苦手」返上 西武・源田

 ○西武6-3オリックス●(メットライフ・7日)

 鋭い打球が、深々と左中間を破った。3点リードの四回1死満塁で打席に入った西武の源田。「満塁は苦手」と言う昨季のリーグ新人王は、3球目の甘い球を逃さなかった。走者一掃の3点適時三塁打となり、ベンチも思わず「敬礼」のポーズ。「雰囲気も良く、思いきり良くできている」と、納得の表情だ。

 修正能力の高さが光った。この打席、オリックスの新人・田嶋は3球とも変化球勝負。初球をファウルとした源田は「引っ張りに行っている。これではきつい」と感じたという。3球目、甘く入った球にバットを合わせて逆方向に運び、早々に勝負を決定づけた。

この記事は有料記事です。

残り264文字(全文547文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  4. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです