メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

パンクアイドル 出現=専門編集委員・川崎浩

 チョー・ヨンピルをはじめとする韓国芸術団が3月31日に訪朝し、4月3日まで北朝鮮公演したニュースが大きく報じられた。ほかにアイドルグループの「レッドベルベット」や「少女時代」のソヒョンらが歌うテレビ映像を見たが、なかなかの露出度で、公式コメントではなく1500人の観客がどう反応したか知りたかったところである。「13年ぶりの韓国音楽団訪問」と報じられる中、では「2005年は誰?」と調べたら、当のヨンピルだった。

 では、これが、北朝鮮で初めての韓国ポピュラー公演かと言えば、まだ前があり、日本でもなじみのキム・ヨンジャが01年4月、韓国人として初の北朝鮮単独公演を行っている。

この記事は有料記事です。

残り780文字(全文1069文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 現場から うがい薬で「コロナに勝てる」、不十分なデータ基に会見 一府民、情報公開請求で解明 活動、ネットで広がる /大阪

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. 全国初 レクサスパトカー GT-Rに続き会社役員が栃木県警に寄贈

  4. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  5. 現場を見ても想像できない廃炉終了 福島第1原発はいったいどうなっているのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです