メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

全日本選抜体重別選手権 角田、復活のV 女子52キロ

女子52キロ級決勝、志々目(右)を攻める角田=徳野仁子撮影

 柔道の世界選手権(9月・バクー)の代表選考会を兼ねた全日本選抜体重別選手権は最終日の8日、福岡国際センターで男女7階級が行われた。女子52キロ級は角田夏実(了徳寺学園職)が決勝で昨年の世界選手権優勝の志々目愛(同)を破って初制覇した。

 男子90キロ級は長沢憲大(パーク24)が決勝で、2016年リオデジャネイロ五輪金のベイカー茉秋(日本中央競馬会)を破り初優勝。同100キロ超級は元世界王者の小川直也氏の長男雄勢(明大)がリオ五輪銀メダルの原沢久喜(日本中央競馬会)に反則勝ちし、初めて制した。女子48キロ級は準決勝で世界女王の渡名喜風南(パーク24)に勝った山崎珠美(自衛隊)が初優勝した。

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文923文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです