メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵・鰻和弘

 わたくし、何を隠そう花粉症が半端ないんです。今年は、そりゃもうすごいですね! 壊れた蛇口のように大量の鼻水が……。花粉症同士では「どれタイプ?」「鼻っす」とオシャレな会話風に、そして密(ひそ)かにちょっとだけ自慢げなやり取りが交わされています。

 鼻をかむたび「こんな大量の水分どこに収納されてんねん!」と不思議に思います。「鼻通ってて鼻水」の上を行く「鼻詰まっての鼻水」パターンが一番厳しい。出したいのに詰まってる、みたいな。

 鼻かみすぎて鼻の皮はむけてきますし、鼻と唇の間もカサカサ。ティッシュと擦れて、チクチク痛むこともあります。鼻と唇の間専用のクリーム作ってほしいです。僕はカサカサになると、それ専用のやつとして使うリップクリームを買います。リップクリーム自身も思ってるでしょうね。「こいつ、使い方間違ってる!! 俺、もうちょい下の部位に塗るクリームや!」と。

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文622文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休業や自粛要請「国が損失補償を」全国知事会が緊急提言

  2. 「俺コロナだけど」 ドラッグストアの業務妨害容疑で54歳男逮捕 埼玉

  3. 欧州の分岐点 不安な時つぶやきたくなるメルケル語録ベスト5

  4. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  5. 新型コロナ 名古屋、往来ひっそり 愛知、緊急事態宣言対象外

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです