メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地震

島根震度5強、5人重軽傷 建物破損も

商品が散乱したコンビニエンスストアの店内=島根県大田市長久町長久のローソン大田長久店で2018年4月9日午前2時9分、柴崎達矢撮影

 9日午前1時32分ごろ、島根県西部を震源とする強い地震があり、同県大田市で震度5強を観測した。隣接する出雲市などで震度5弱、中四国地方の広い範囲でも震度4を記録した。気象庁によると、震源の深さは約12キロで、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.1と推定。県などによると、大田、出雲両市で男女5人が骨折などの重軽傷を負った。

 県西部を中心に早朝まで震度4を4回観測するなど断続的に揺れが続いている。中国電力などによると、島根原発(松江市)と伊方原発(愛媛県伊方町)に影響はなかった。

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. うがい薬でコロナ重症化抑制? 大阪知事が使用呼びかけ 専門家は懸念「害になりかねない」

  2. 吉村知事「うそみたいな本当の話」 うがい薬の使用呼びかけ、主な一問一答

  3. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  4. 大阪・吉村知事がうがい薬の使用呼び掛け、メーカー株価急騰

  5. ORICON NEWS シャア役・池田秀一、体調不良で『ガンプラ』特番のナレーション変更 アムロ役・古谷徹に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです