メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー日本代表

ハリル監督を解任 会長が本人に伝える

ハリルホジッチ監督=渡部直樹撮影

 日本サッカー協会の田嶋幸三会長は9日、日本代表のバヒド・ハリルホジッチ監督(65)を解任することを認めた。田嶋会長が渡欧して7日に本人に伝えた。後任監督も含め、9日午後4時に東京都内での記者会見で発表する。6月14日のワールドカップ(W杯)ロシア大会開幕がわずか2カ月後に迫る時期の異例の対応で、目標の1次リーグ突破に向けて組織の立て直しを図る。

 ハリルホジッチ監督は2015年3月、八百長に関与した疑惑を受けて解任されたメキシコ出身のハビエル・アギーレ前監督の後任として日本代表監督に就任。昨年9月まで行われたW杯アジア最終予選では、6勝2分け2敗のB組首位で6大会連続6度目の本大会出場に導いた。

 しかし、その後はチームの状態が上向かず、今年3月にベルギーで行われたマリ、ウクライナとの国際親善試合で勝利を逃すなど、アジア以外の国との対戦では1勝2分け3敗と苦戦が続いていた。

 ハリルホジッチ監督はボスニア・ヘルツェゴビナ出身で、選手時代は旧ユーゴスラビア代表やフランス1部リーグで活躍。監督としてはコートジボワール、アルジェリアの代表で指揮を執り、前回14年W杯ブラジル大会ではアルジェリアを史上初の16強入りに導いた。【大谷津統一、大島祥平】

毎日新聞のアカウント
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]