競泳

池江璃花子が4冠 100自と50バタも日本新

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
女子50メートルバタフライ決勝を日本新記録で制しガッツポーズする池江璃花子=東京辰巳国際水泳場で2018年4月8日、梅村直承撮影
女子50メートルバタフライ決勝を日本新記録で制しガッツポーズする池江璃花子=東京辰巳国際水泳場で2018年4月8日、梅村直承撮影

 ジャカルタ・アジア大会(8~9月)などの代表選考会を兼ねた競泳の日本選手権最終日は8日、東京辰巳国際水泳場で行われ、17歳の池江璃花子(ルネサンス亀戸)が女子100メートル自由形で自身の日本記録を0秒43更新する53秒03をマーク、女子50メートルバタフライでも0秒01塗り替える25秒43で4冠を達成した。池江が樹立した日本記録は今大会出場全4種目計6回だった。

 女子400メートル個人メドレーは大橋悠依(イトマン東進)が4分30秒82の日本記録で2連覇を飾り、2位の清水咲子(ミキハウス)とともに代表内定。男子400メートル個人メドレーは2016年リオデャネイロ五輪金メダルの萩野公介(ブリヂストン)が4分10秒69で2年ぶり6回目の優勝。2位の瀬戸大也(ANA)も代表入りした。

この記事は有料記事です。

残り784文字(全文1127文字)

あわせて読みたい

注目の特集