メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いわき

新村医師、ちょんまげ姿で訪問診療「どうでい、体調は」

「銭形平次」に扮して91歳男性の自宅を訪問した新村浩明さん(左から2人目)。右は看護師で町娘役の看護師=福島県いわき市で、栗田慎一撮影

会話が弾み 患者に笑顔

 東日本大震災の被災地、福島県いわき市の財団法人ときわ会「常磐(じょうばん)病院」院長、新村(しんむら)浩明さん(50)は、ふさぎがちな高齢の患者たちに笑顔を取り戻してもらおうと、ボランティアで時代劇の主人公にふんしての訪問診療に取り組んでいる。人気の定番は「銭形平次」で、「遠山の金さん」「水戸黄門」などリクエストに応えて演じ分け、女性看護師も町娘役を兼ねて同行する。「お年寄りが住みたくなる」街づくりが新村さんの夢だ。

 「どうでい、ここしばらくの体調は」。同市常磐上湯長谷町の一角にある住宅で2月上旬。捕物の十手を握り…

この記事は有料記事です。

残り974文字(全文1246文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
  2. 財務省 森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示
  3. 狛江市 市長辞意の決め手はセクハラ被害女性の実名抗議文
  4. 愛知県警 犬山で似た男目撃 鑑定留置中に逃走、指名手配
  5. 道交法違反容疑 交差点でこたつ、2人目を逮捕 京都府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]