メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

マスターズ

[速報]松山19位、小平28位タイでフィニッシュ(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

マスターズ 最終日

松山英樹は3アンダー69でプレーし、通算3アンダー19位だった Photo by Jamie Squire/Getty Images

PGAツアー第23戦 マスターズ/ジョージア州 オーガスタ・ナショナルGC

 オーガスタ(ジョージア州)で開催された今季メジャー第1戦のマスターズ。日本人選手は松山英樹、小平智、池田勇太、宮里優作の4人が出場したが、池田と宮里は予選落ちだった。松山は通算3アンダー19位、小平は通算イーブンパー28位タイでフィニッシュした。

MORE:マスターズの最新スコアはここをクリック!

 松山は通算イーブンパー21位タイで最終日を迎えた。2番パー5でバーディを先行させると、3番パー4でもバーディを重ねた。4番パー3をボギーとしたが、5番パー4と8番パー5でバーディを加えた。前半を3アンダーで折り返した。

 ところが後半に入ると、10番パー4から18番パー4まで9ホール連続でパーだった。この日のスコアは4バーディ、1ボギーの3アンダー69。通算3アンダー19位だった。

 小平も通算イーブンパー21位タイで最終日を迎えた。2番パー5でボギーが先行したが、5番パー4でバーディを奪った。6番パー3で再びボギーを叩いたが、8番パー5でバーディを取り返し、前半をイーブンパーで折り返した。

 後半に入ると、10番パー4でバーディを加えたが、11番パー4をボギーとした。14番パー4でもボギーが続いたが、15番パー5でバーディを取り返した。この日のスコアは4バーディ、4ボギーのイーブンパー72。通算イーブンパー28位タイだった。

パトリック・リードが通算15アンダーでメジャー初制覇を果たした Photo by David Cannon/Getty Images

 優勝したのはパトリック・リード(米国)。通算14アンダー単独首位で最終日を迎え、4バーディ、3ボギーの1アンダー71でプレー。通算15アンダーでメジャー初制覇を達成した。

 首位と1打差の通算14アンダー2位はリッキー・ファウラー(米国)。通算9アンダー3位で最終日を迎え、6バーディ、1ボギーの5アンダー67でプレーした。

 首位と2打差の通算13アンダー3位に、ジョーダン・スピース(米国)が食い込んだ。スピースは16番パー3までに9個のバーディを奪い、コースレコードを塗り替える勢いだったが、18番パー4でボギーを叩き、レコード更新はならなかった。この日のスコアは9バーディ、1ボギーの8アンダー64だった。

 リードとともに最終組をプレーし、キャリアグランドスラム達成を目指したロリー・マキロイ(北アイルランド)は、3バーディ、5ボギーの2オーバー74とスコアを落とした。通算9アンダー5位タイだった。

 3年ぶりのマスターズ出場となったタイガー・ウッズ(米国)は、通算4オーバー40位タイで最終日を迎え、1イーグル、5バーディ、4ボギーの3アンダー69でプレー。通算1オーバー32位タイでフィニッシュした。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「注文から提供まで30秒以内」達成困難な目標で不当解雇 元社員がマクドナルド提訴

  2. ジャパンライフ元店長「桜を見る会案内状、顧客獲得につながった」野党ヒアリング詳報

  3. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

  4. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  5. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです