メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ベトナムリゾート地の裸像、政府指導で下半身を覆って人気に

 4月6日、ベトナム北部のリゾート地ハイフォンにある、動物の頭を持つ裸像が話題になっている。「不適切」だとして政府から指導を受けたものの、ビキニや水着で下半身の一部を覆ったところ、かえって人気になっているようだ。4月5日撮影(2018年 ロイター/Nguyen Huy Kham)

 [ハノイ 6日 ロイター] - ベトナム北部のリゾート地ハイフォンにある、動物の頭を持つ裸像が話題になっている。「不適切」だとして政府から指導を受けたものの、ビキニや水着で下半身の一部を覆ったところ、かえって人気になっているようだ。

     ベトナムでは改革開放が進んでいるものの、共産党支配のもと、性やヌードに関してはまだ保守的。

     像を所有する現地観光会社は「芸術作品なのだから、覆ったりはしたくなかったが、政府の指導を受け入れたということを示したかった」とし、「人々が不快だと感じるような部分のみ隠した」と説明した。覆うのに使った水着などは、後にプラスチックの葉や果物と取り換えたという。

     観光会社によると、像を建てたのは5年前だが、批判は出ておらず「写真を撮ったり、笑ったり、恥ずかしそうにする人はいたが、激しい反発はなかった」もよう。

     もともと「18禁」の像として作られたものであり、移設する予定はないという。

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
    2. 統合失調症 実は「痩せ」と相関 藤田保健大が遺伝子解析
    3. ジャカルタ・アジア大会 「代表の自覚なかった」 バスケ4選手、買春謝罪 裁定委設置、処分へ
    4. 特集ワイド “目立つ”大人の「発達障害」 「不寛容な社会」で表面化
    5. アジア大会 バスケ4選手が買春か JOC処分、帰国の途

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです