メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

化学兵器疑惑 米露対立 現地調査は合意 安保理

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連安全保障理事会は9日午後、シリアの首都ダマスカス近郊の反体制派支配地域・東グータ地区への空爆での化学兵器使用疑惑をめぐって緊急会合を開いた。シリア政府軍の行為とみる米英仏らと、シリアのアサド政権を支持するロシアが激しく対立した。しかし、化学兵器禁止機関(OPCW)が現地入りして事実調査を開始することにはロシアも同意した。

 へイリー米国連大使は「化学兵器の使用が普通のことになってしまう瀬戸際だ。国際社会はそうなるのを許し…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 増田貴久 テレ東ドラマ初主演「うれしすぎてプチパニックに」 「レンタルなんもしない人」で

  2. 新型肺炎 国内で新たに2人感染確認 奈良在住男性は武漢渡航歴なし、人から人への感染か

  3. 京都市長選 現職支持団体が「共産党『NO』」広告 著名人の顔写真、許可なく掲載も

  4. 新型肺炎ヒトヒト感染「憂慮は不要」と専門家 さらなる感染防止が重要

  5. 新型肺炎 発症者に中高年多く 持病あると高リスク WHOなど分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです