メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 遠藤雅司さん 史料と想像力で再現

 ■英雄たちの食卓 遠藤雅司(えんどう・まさし)さん 宝島社・1836円

 ラムセス2世は蜂蜜パンを食べて合戦に備え、クレオパトラ7世はモロヘイヤスープを宴席に出してカエサルを誘惑した。世界史に登場する偉人たちは何を食べていたのか。料理に焦点を当て、英雄たちの新たな横顔を浮かび上がらせた。

 「歴史の教科書では、何々の戦いに勝ったとか負けたとか、1、2行の記述で終わってしまいがち。強い、偉い以外の魅力が伝わってきません。しかし今も昔も、食事は誰もがします。食を通して、その人物の特徴が垣間見られるのです」

 大王とあがめられたアレクサンドロス3世は「史料によっては、ひどい絡み酒をする人物」で、口論の末、側近将校をやりで刺し殺したという。また、ぜいたく好きなイメージのあるマリー・アントワネットは「キャベツを煮込んだ簡素なドイツ風のスープを私室で食べたがった」とのエピソードが残っている。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 手話で受け付け 病院予約を代行 藤岡市、ビデオ通話 /群馬

  3. はや2くんの大航海 HAYABUSA2応援ページ はやぶさ2帰還をスマホで体感 大気圏に進入「火球」観測アプリを公開 JAXA

  4. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  5. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです