メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 遠藤雅司さん 史料と想像力で再現

 ■英雄たちの食卓 遠藤雅司(えんどう・まさし)さん 宝島社・1836円

 ラムセス2世は蜂蜜パンを食べて合戦に備え、クレオパトラ7世はモロヘイヤスープを宴席に出してカエサルを誘惑した。世界史に登場する偉人たちは何を食べていたのか。料理に焦点を当て、英雄たちの新たな横顔を浮かび上がらせた。

 「歴史の教科書では、何々の戦いに勝ったとか負けたとか、1、2行の記述で終わってしまいがち。強い、偉い以外の魅力が伝わってきません。しかし今も昔も、食事は誰もがします。食を通して、その人物の特徴が垣間見られるのです」

 大王とあがめられたアレクサンドロス3世は「史料によっては、ひどい絡み酒をする人物」で、口論の末、側近将校をやりで刺し殺したという。また、ぜいたく好きなイメージのあるマリー・アントワネットは「キャベツを煮込んだ簡素なドイツ風のスープを私室で食べたがった」とのエピソードが残っている。

この記事は有料記事です。

残り509文字(全文902文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 検事長定年延長、揺れる法務・検察 「どう考えてもおかしいが、触れてはいけない雰囲気だ」

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  5. 東京マラソン 約7億円の参加料はなぜ返せないのか 新型肺炎で一般参加中止

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです