提訴

出産後死亡 仙台の医院に賠償求め遺族 /宮城

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 昨年8月に仙台市内で30代の女性が出産後に死亡したのは医療ミスだったとして、女性の夫と長女=東京都在住=が9日、産婦人科医院「桜ヒルズウィメンズクリニック」(仙台市青葉区桜ケ丘)と男性院長を相手に約1億1300万円の損害賠償を求めて仙台地裁に提訴した。

 訴状によると、女性は昨年8月9日午後5時20分ごろ、通院していた同クリニックで女児を出産。直後に子宮の内膜面が外側に反転する子宮内反の状態になり…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文500文字)

あわせて読みたい

ニュース特集