メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「何ができるか探求」 ふたば未来学園高で148人が入学式 /福島

 福島第1原発事故で多くの住民が避難を強いられた双葉郡の教育復興を目指し、3年前に開校した県立ふたば未来学園高(広野町)の入学式が9日あった。小学2年で避難を経験した双葉郡出身者42人を含む4期生148人が入学した。

 同校は、生徒自らがテーマを決め、原子力災害からの復興という地域課題の解決策を探る学習に取り組むなど、特色ある教…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 停電続く千葉・館山と南房総市に大雨で避難勧告

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  5. 前田「ほなみ」は名作ドラマが由来 補欠からマラソン界のヒロインに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです