メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「何ができるか探求」 ふたば未来学園高で148人が入学式 /福島

 福島第1原発事故で多くの住民が避難を強いられた双葉郡の教育復興を目指し、3年前に開校した県立ふたば未来学園高(広野町)の入学式が9日あった。小学2年で避難を経験した双葉郡出身者42人を含む4期生148人が入学した。

 同校は、生徒自らがテーマを決め、原子力災害からの復興という地域課題の解決策を探る学習に取り組むなど、特色ある教…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  3. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  4. 「真の文武陵」異例の成果 奈良・中尾山古墳 陵墓指定なく調査可能

  5. 学術会議現役会員「世界から笑われる」 政府、非政府組織化を提案

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです