メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 「何ができるか探求」 ふたば未来学園高で148人が入学式 /福島

 福島第1原発事故で多くの住民が避難を強いられた双葉郡の教育復興を目指し、3年前に開校した県立ふたば未来学園高(広野町)の入学式が9日あった。小学2年で避難を経験した双葉郡出身者42人を含む4期生148人が入学した。

 同校は、生徒自らがテーマを決め、原子力災害からの復興という地域課題の解決策を探る学習に取り組むなど、特色ある教…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  2. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  5. 終活ナビ 年金受給75歳まで繰り下げがいい?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです