メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

留学生に県営住宅 シェアハウス事業を始める /兵庫

協定締結後に握手を交わす井戸敏三・兵庫県知事(右)と関西国際大の濱名篤学長=兵庫県庁で、井上元宏撮影

 県は外国人留学生に県営住宅の空き部屋をシェアハウスとして貸し出す事業を始める。まずは関西国際大の尼崎キャンパス(尼崎市)に通う女性留学生4人に計2戸を貸し出す。県によると、全国でもめずらしい取り組みという。

 外国人留学生が日本で部屋を借りる場合、連帯保証人や家賃の高さなどがネックになりがちだ。このため、県は留学生に安く部屋を提供することに…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  2. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  3. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  4. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  5. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです