メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

留学生に県営住宅 シェアハウス事業を始める /兵庫

協定締結後に握手を交わす井戸敏三・兵庫県知事(右)と関西国際大の濱名篤学長=兵庫県庁で、井上元宏撮影

 県は外国人留学生に県営住宅の空き部屋をシェアハウスとして貸し出す事業を始める。まずは関西国際大の尼崎キャンパス(尼崎市)に通う女性留学生4人に計2戸を貸し出す。県によると、全国でもめずらしい取り組みという。

 外国人留学生が日本で部屋を借りる場合、連帯保証人や家賃の高さなどがネックになりがちだ。このため、県は留学生に安く部屋を提供することに…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文429文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  2. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  5. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです