メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中学硬式野球

レインボーリーグ 春季リーグ戦が開幕 /山口

 レインボーリーグ・西日本中学硬式野球連盟の春季リーグ戦(毎日新聞社後援)が8日、福岡県八女市の立山球場で開幕した。福岡、筑後、佐賀、山口の各地区の計7チームが7月上旬まで2回戦総当たり方式で熱い戦いを展開する。

 開会式は竹島茂副会長の力強い開会宣言で始まり、福田精一会長は「センバツ高校野球は各試合で好ゲームが続き、チームワークの大切を感じました。選手諸君にも素晴らしいゲーム、素晴らしいプレーを期待しています」と激励のあいさつ。

 福岡アンビシャスの大和圭吾主将が「最後まで全力プレーで頑張ります」と堂々と宣誓した。

この記事は有料記事です。

残り346文字(全文605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

  4. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

  5. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです