選挙

東みよし町長選/東みよし町議選 町長選、松浦敬治氏が初当選 「前進する町作る」 /徳島

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
徳島・東みよし町長選に当選し、支援者らと万歳三唱で喜びを分かち合う松浦敬治氏(中央)=同町加茂の事務所前で、大坂和也撮影
徳島・東みよし町長選に当選し、支援者らと万歳三唱で喜びを分かち合う松浦敬治氏(中央)=同町加茂の事務所前で、大坂和也撮影

 任期満了に伴う東みよし町長選・町議選は8日投開票され、町長選は無所属新人で元町議の製材業、松浦敬治氏(53)が、無所属新人で元町議の松浦明人氏(48)、福性寺名誉住職の長谷川隆法氏(70)を破り、初当選した。投票率は76・34%で前回(71・13%)を上回った。松浦敬治氏は当選後「この結果を胸に一人一人に寄り添い、明日に向かって前進する町を作り上げる」とあいさつした。

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文962文字)

あわせて読みたい

注目の特集