メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木のきもち

家具の街・大川ブランド 取り組み進化 日用品、食品などの商品も開発 /福岡

 家具の街・大川をPRし、盛り上げる狙いのブランド「木のきもち」の取り組みが進化している。10年前に大川商工会議所青年部を中心に始まり、新名産品作りを目指した多業種参加が特徴。商品ラインアップは軽家具や日用品、食品など15品目に上り、東京の百貨店での展示・販売も始まった。【上田泰嗣】

 この活動は2007年、青年部メンバーの「大川にはお土産品がない」との指摘から始まった。木工業者の倒産が相次ぐ中で「何かしなければ」と有志が集まった。家具以外の魅力発信の必要を感じながら土産物開発に取り組んだ。木製名刺入れや丸太をイメージした洋菓子バウムクーヘンを作った。

 その後、人力飛行機の能力を競うテレビ番組にも木製機で出演し大川をPR。市制60周年の14年度には「…

この記事は有料記事です。

残り532文字(全文860文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  5. 大相撲秋場所 稀勢の里、逸ノ城に完敗

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです