メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木のきもち

家具の街・大川ブランド 取り組み進化 日用品、食品などの商品も開発 /福岡

 家具の街・大川をPRし、盛り上げる狙いのブランド「木のきもち」の取り組みが進化している。10年前に大川商工会議所青年部を中心に始まり、新名産品作りを目指した多業種参加が特徴。商品ラインアップは軽家具や日用品、食品など15品目に上り、東京の百貨店での展示・販売も始まった。【上田泰嗣】

 この活動は2007年、青年部メンバーの「大川にはお土産品がない」との指摘から始まった。木工業者の倒産が相次ぐ中で「何かしなければ」と有志が集まった。家具以外の魅力発信の必要を感じながら土産物開発に取り組んだ。木製名刺入れや丸太をイメージした洋菓子バウムクーヘンを作った。

 その後、人力飛行機の能力を競うテレビ番組にも木製機で出演し大川をPR。市制60周年の14年度には「…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山口真帆 卒業発表の場で爆弾発言! AKS社長から“パワハラ”「居場所はなくなった」(スポニチ)
  2. 指原 NGT運営バッサリ 山口真帆の気持ち「考えるべき」(スポニチ)
  3. 死亡女性は20歳大学生、男性は23歳アルバイト 運転手「ブレーキ踏み発車作業中に急発進…」 神戸・バス事故
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 維新が兵庫で勢力拡大 大阪の勢い取り込み 県内市議選、18人中17人当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです