メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

入学式

「思いやり感動する心 育んで」 県立高、新生活スタート /福岡

 県内のほとんどの県立高校で9日、入学式があった。新入生が保護者らに見守られながら高校生活のスタートを切った。

     県教委によると、全日制の県立高校全92校の新入生は計約2万2000人。この日は7日までに入学式が催された高校を除く64校で入学式が実施された。

     福岡市早良区の修猷館高校では新入生400人を前に高島孝一校長が、2012年のセンバツ開会式で東日本大震災による被災を乗り越え「感動、勇気、笑顔を日本中に届けたい」と訴えた石巻工(宮城県石巻市)主将の選手宣誓を引き合いに、「お互いの人格を尊重し、支え合い、心豊かな共生社会を作ることが求められている。他人を思いやる心、感動する心を高校生活の中でどうか育んでほしい」と呼び掛けた。【合田月美】

    〔福岡都市圏版〕

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 毎日新聞世論調査 内閣支持率30% 不支持率49%
    2. 白根山 噴石警戒の範囲 湯釜火口1キロに拡大
    3. あおり運転 容疑で元勤務医逮捕 幅寄せでバイク男性重傷
    4. 神戸・中3自殺 「破棄」調査メモ、「学校内に存在」発表
    5. 拉致被害者 家族に安倍首相「米大統領が早期の帰国明言」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]