九州新幹線

長崎ルート 県市長会が勉強会 全市で情報共有 /佐賀

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 県市長会(会長=秀島敏行・佐賀市長)は9日、今年度初の会議を開き、九州新幹線長崎ルート(博多-長崎)の整備に関する勉強会を開き、県内全10市の市長の間で情報共有する方針を決めた。

 県はフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)での整備を前提に財政負担をしてきたが、国土交通省が3月、与党の整備新幹…

この記事は有料記事です。

残り146文字(全文296文字)

あわせて読みたい

ニュース特集