メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

翔べ!!V・ファーレン

通算成績17位に 東京に2-5 初勝利へ課題浮き彫り /長崎

 サッカーJ1を戦うV・ファーレン長崎は8日、諫早市のトランスコスモススタジアム長崎でFC東京と対戦し2-5で敗れた。通算成績は2分け4敗で17位。個々の力で勝る相手に対し、攻守で組織的なプレーをいかに徹底できるか。リーグ戦初勝利に向け、課題が浮き彫りになる一戦となった。

 「正直、力の差を感じた」。試合後の記者会見で、高木琢也監督が振り返った。V長崎は今季のホーム2試合を引き分け、昨年8月から「ホーム無敗」が続いていたが、8日は大敗。高木監督は「どのチームと対戦しても難しいゲームになるのは選手たちも分かっているが、グループとしてうまく戦えなかった」と述…

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

  4. 菅氏よもやの言い間違い次々…「説明能力」に疑問も 官房長官会見

  5. 熱血!与良政談 もう一つの負の遺産=与良正男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです