メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

代表新監督に西野氏 ハリル氏解任「信頼薄れた」

西野朗氏

 日本サッカー協会は9日、日本代表の成績不振を受け、バヒド・ハリルホジッチ監督(65)を7日付で解任したと発表した。後任には日本協会の強化責任者に当たる技術委員長の西野朗(あきら)氏(63)が就いた。ワールドカップ(W杯)ロシア大会の開幕が約2カ月後に迫る時期に、監督交代という刺激の強い策でチームの浮上を狙う。

 東京都内で記者会見した日本協会の田嶋幸三会長(60)は、更迭した理由を「選手とのコミュニケーション、信頼関係が薄れてきた」と語った。後任については「W杯までたった2カ月であり、内部で一番チームを見てきた西野氏に決定した」と説明した。

この記事は有料記事です。

残り255文字(全文528文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. フジテレビ、「テラスハウス」打ち切り 木村花さん急死で

  3. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです