メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

背信・森友文書

政治の責任を問う 「強権」の毒、広がる 志位和夫・共産党委員長

志位和夫・共産党委員長=宮本明登撮影

 --財務省理財局の職員が森友学園の国有地売却を巡り、学園側に口裏合わせを求めていたことが明らかになった。

 ◆口裏合わせというより、うその説明をしてくれということだ。言語道断で許しがたい。やったのは、安倍晋三首相が昨年2月17日に「私や妻が関与していれば首相も議員も辞める」と表明した直後の2月20日だ。首相夫妻の関与の疑惑はいよいよ濃厚になった。

この記事は有料記事です。

残り778文字(全文952文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  4. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言
  5. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]