メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
スマートデイズ

かぼちゃの馬車、破綻 民事再生法申請

 首都圏で女性専用シェアハウス「かぼちゃの馬車」を運営する不動産会社、スマートデイズ(東京)は9日、民事再生法の適用を東京地裁に申請し受理されたと発表した。入居率の低迷が原因で、資金繰りが悪化。管理する物件の一部で光熱費の支払いが滞っており、入居者に混乱が広がる恐れもある。今後は、物件所有者の大半に購入資金を融資した地方銀行のスルガ銀行の対応が焦点となりそうだ。

 信用調査会社の帝国データバンクによると、スマートデイズは負債総額が今年3月末時点で約60億円に上る…

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文712文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです