メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

年功序列 社内に閉塞感 味の素社長兼最高経営責任者・西井孝明さん

西井孝明・味の素社長

諦めず成果主義導入

 発酵技術など最先端テクノロジーに挑戦している会社の成長性に魅力を感じて入社しました。営業や商品開発など担当が変わるたびに壁を感じましたが、最も苦労したのは2002年に人事畑に移ってからでした。

 00年代初め、多くの企業は国内事業で停滞期を迎えていました。右肩上がりで成長が続く間は事業拡大で幹部の数も増え、年功序列に基づく人事制度が一番公平感がありました。しかし、停滞期には社内のポジションも減り、組織の流動性も失われます。人事に異動したころは、味の素でも年功に基づく部門ごとの縦割り人事が定着し組織が硬直化する「大企業病」に陥っていました。社内には閉塞(へいそく)感があり、その脱却に向けて取りかかったのが成果主義の導入で、私は成果や職務に応じた新たな人事制度への切り替えを進める責任者になりました。

 ところが、いざ導入しようとすると各事業部門には、年功に基づく人事ローテーションが厳然と残っており、…

この記事は有料記事です。

残り815文字(全文1226文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです