メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シベリア抑留

114人、銃殺刑判決 露公文書確認 「スパイ罪」などで

 第二次世界大戦後、旧日本軍兵士らが旧ソ連領内で強制的に働かされたシベリア抑留で、旧日本軍将兵ら114人がスパイ罪などで銃殺刑の判決を受けていた。富田武・成蹊大名誉教授(日ソ関係史)がロシアの公文書で確認し、9日の記者会見で明らかにした。抑留帰還者らがこれまで銃殺を証言しているが、公文書で明らかになったのは初めて。

 富田氏は、ロシアの公文書館に保管された終戦直後の共産党幹部会合の議事録を閲覧。死刑判決の承認を求める記述から、日本人の名前や職業、罪状などを書き写した。

この記事は有料記事です。

残り395文字(全文630文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ホテル三日月」従業員に感染なし 武漢チャーター機帰国者が宿泊

  2. 「感染者2校以上確認で全府立学校を14日間休校」大阪府コロナ対策本部会議

  3. 東京と北海道で高齢者死亡 相模原、長野、愛知などで新たに15人感染

  4. 「支援物資の恩返し」武漢を代表し渋谷でマスク配る かぶり物の中国人女性話題に

  5. 岐阜県で初の感染者1人 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです