メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

我らが少女A

/246 第7章 7=高村薫 田中和枝・挿画監修

 同じ空の下では、国立がん研究センター中央病院へ友人の判事を見舞った帰り、ふと思い立って都営大江戸線の六本木駅で下車した合田がいる。その足はそのままミッドタウンの方角へ進み、急に人波が増えてゆく外苑東通りの先に今日から始まった年末のイルミネーションが見えてくる。そんなものを突然見たくなったのは、少し前に友人と会っていたとき、この男も自分も間違いなく恵まれた人生を送っていると感じたせいかもしれない。

 友人の濾胞(ろほう)性リンパ腫は、正確にはB細胞性非ホジキンリンパ腫に分類され、悪性度が低いわりに…

この記事は有料記事です。

残り690文字(全文940文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄 橋梁上の線路ゆがむ 再開めど立たず 南大阪線
  2. 尼崎脱線 顔を20回以上手術 犬が支え「あきらめない」
  3. 尼崎脱線 意識不明5カ月、重い障害「仕事がうれしい」
  4. ORICON NEWS タレント・庄司ゆうこ、『週刊文春』報道を否定「完全に営業妨害です」
  5. 結婚 俳優の松田翔太さん、モデルの秋元梢さんと

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]