特集

大学関連ニュース

全国の大学に関するニュースを集めました。

特集一覧

くらしナビ・学ぶ

@大学 歯科医への道厳しく 国家試験合格率60%台、学部も定員減

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「狭き門」となった歯科医師を目指し、臨床基礎実習に取り組む学生=東京歯科大提供
「狭き門」となった歯科医師を目指し、臨床基礎実習に取り組む学生=東京歯科大提供

 歯科医師国家試験の合格者が3月19日に発表された。合格率は64.5%。5年連続の60%台で、同時に発表となった医師国家試験の91.0%と大きく差が開いた。政府主導による歯学部の定員削減も進み、大学にとっても、歯科医を目指す生徒、学生にとっても、厳しい状況が続いている。

 厚生労働省の発表によると、歯科医師国家試験はこの10年ほど、受験者は3000人台前半、合格者は2000人前後で推移している。厚労省と文部科学省が2006年に確認書を取り交わし、同試験の合格基準を引き上げたことがきっかけだ。今年の試験では新卒者の合格率は77.9%だったものの、既卒者は43.5%。新卒、既卒とも合格率が8割を超える大学もある一方で、新卒合格者数が1桁だったり、既卒合格率が2割を切ったりしている大学もあり、格差が広がっている。

 両省はまた、歯学部の定員削減を各大学に要請することでも合意。全国全29歯学部の昨年度の入学定員は2482人で、1985年度に比べ26.6%減少している。

この記事は有料記事です。

残り1251文字(全文1685文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集