メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・ライフスタイル

保健機能食品使い薬膳料理

 伝統的な薬膳料理を家庭で作るのは難しい。しかし、一定の保健機能が表示されて販売されている「保健機能食品」を食材に活用すれば、家庭でも手軽に薬膳料理ができる。新しい薬膳を追究している日本薬膳学会(高木久代代表理事)が、そんな発想の日本的薬膳料理を提案している。

 ●効果分かりやすく

 独自の薬膳料理の普及に取り組んでいるのは、食品科学に詳しい長村洋一・鈴鹿医療科学大学副学長。昨年秋に開かれた日本薬膳学会学術総会で、そのアイデアと料理が披露された。同大大学院で医療科学を学ぶ管理栄養士の服部知美さんが料理を試作した。

 服部さんらが食材として注目したのは、事業者が消費者庁に届け出て一定の保健機能が表示できる「機能性表示食品」と、国が審査・許可する「特定保健用食品(トクホ)」という保健機能食品。これらは、「骨を丈夫にするのを助ける」や「血糖値の上昇を抑える」などの機能が表示されて売られているため、一定の薬膳的機能が消費者にも分かりやすい利点がある。

この記事は有料記事です。

残り829文字(全文1253文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです