メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

個人情報流出

フェイスブックCEOが対応の不備認める

 【ワシントン清水憲司】米フェイスブック(FB)のマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は9日、大量の個人情報流出問題について、「悪用防止に十分なことをしていなかったのは明らかだ。我々の責任について十分見渡せていなかった。大きな過ちだった」と対応の不備を認めた。10、11日の議会公聴会に向けて準備した書面を公表した。

 ザッカーバーグ氏は、個人情報の流出のほか、FB上でのフェイク(偽)ニュースやヘイトスピーチの拡散、米大統領選でロシア政府系機関がネット広告を通じて世論に影響を与えようとしたことを挙げ、「私がFBを始め、経営してきた。そこで起こったことに私は責任がある」と陳謝した。利用者や、FB上でつながった「友達」の情報が英データ分析会社に不正に渡った問題については「利用者が(自分の)情報をコントロールできるだ…

この記事は有料記事です。

残り313文字(全文676文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 医師が必要と判断した人のPCR検査もできず…鈴木前医務技監「頭を下げるしかない」

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 巻き添えの19歳女子学生が死亡 大阪・梅田HEP FIVE転落

  4. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  5. 特権を問う 寺島実郎氏「根底に保護領意識ある米国」 中国との対立は危険 地位協定改定し、日本は主権取り戻せ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです