メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安保理

米露が対立 現地調査は合意 シリア化学兵器疑惑

 【ニューヨーク國枝すみれ】国連安全保障理事会は9日午後、シリアの首都ダマスカス近郊の反体制派支配地域・東グータ地区への空爆での化学兵器使用疑惑をめぐって緊急会合を開いた。シリア政府軍の行為とみる米英仏らと、シリアのアサド政権を支持するロシアが激しく対立した。しかし、化学兵器禁止機関(OPCW)が現地入りして事実調査を開始することに関してはロシアも同意した。

 へイリー米国連大使は「化学兵器の使用が普通のことになってしまう瀬戸際だ。国際社会はそうなるのを許し…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  3. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  4. 元徴用工訴訟 日本じらされ「法的措置」 政府間協議要請 外交問題化、誤算
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです