メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

トランプ氏、シリアへの軍事行動「今夜にも決断」

 【ワシントン高本耕太、モスクワ大前仁】トランプ米大統領は9日、自国民に化学兵器を使用したとみられるシリアのアサド政権に対する軍事行動を「今夜か、その後短い間に決断する」と述べ、昨年4月以来となるシリア政府への軍事攻撃に近く踏み切る考えを強く示唆した。ホワイトハウスで開いた軍幹部らとの会合で述べた。

 トランプ氏は会合で「残忍な行為を看過することはできない。それを止めることができる力を我が国は持っている」と強調したうえで「軍…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより 私を「コロナ」と呼んだ青年に言いたかったこと

  2. 麻生財務相 休校中の学童保育負担「つまんないこと聞く」 新型肺炎対策

  3. 「強いメッセージ」にこだわった安倍首相、臨時休校要請を強行 側近萩生田氏も押し切る

  4. トイレットペーパー買い占め相次ぐ 新型肺炎の影響巡りデマ 熊本で

  5. 名古屋の訪問介護ヘルパーが新型コロナ感染 利用者の感染は確認されず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです