メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

競馬

騎手候補生が桜並木を馬で行進「観桜乗馬」 栃木

「観桜乗馬」を行う地方競馬教養センターの候補生=共同

 全国の地方競馬の騎手を養成する地方競馬教養センター(栃木県那須塩原市)の候補生が桜並木を馬に乗って行進する「観桜乗馬」が10日、行われた。

 午前9時15分ごろ、候補生14人が、少し緊張した面持ちでセンターを出発。例年より早い開花で、若葉が見え始めた桜の下を通り抜け、約5キロ先の県施設までゆっくり行進した。馬のリフレッシュも兼ねており、施設到着後は、先輩候補生の誘導で新入生も騎乗した。

 昨年4月に入所した北海道新ひだか町出身の小野楓馬さん(18)は「今年は満開を過ぎてしまったけど、地元のエゾヤマザクラに似ていて懐かしくなった」と笑顔で話した。(共同)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ことば 健康保険組合
  2. 盗撮容疑 小学校長逮捕 女子高生のスカート内撮影
  3. JIS 「安全色」13年ぶり改正 色覚障害者に配慮
  4. 男性教諭 酔って家庭訪問 ばちで児童殴打 大阪・懲戒
  5. 人材派遣健保 解散検討 最大の48万人協会移行

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]