メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オークション

羽生選手の記念Tシャツをネットで高値転売

羽生結弦選手応援グッズとして販売される2種類のTシャツ=仙台市役所で2018年4月4日、早川夏穂撮影

 平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で金メダルを獲得した羽生結弦選手(23)=仙台市出身=の祝賀パレード(22日)に向けて製作された応援Tシャツは、4日にインターネットなどで受け付けを開始してから9日までに約3万7500枚の申し込みがあった。担当者らは「好調な売れ行き」と喜びの声をあげる一方、既にインターネットでの転売も報告されていることに顔を曇らせている。

 応援Tシャツは1枚2500円で1人4枚まで購入可。8万枚を用意しており、11日からは仙台市内6カ所と東京都内1カ所の店舗や特設会場での販売も始まる。パレード実行委員会によると、インターネットでは定価より約1000~2000円高い金額での転売が複数報告されたという。

 郡和子市長は10日の定例会見で、「売り上げは利益目的ではなくパレードの開催費になる。皆さんの協力をお願いしたい」と語り、購入者に転売しないよう求めた。【早川夏穂】

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九大の森 静寂こそ…インスタ映えで殺到、閉鎖も検討
  2. 特集ワイド 財務事務次官のセクハラ疑惑 あきれた政府の人権感覚
  3. 反セクハラ 自民・長尾氏、女性議員に「縁遠い方々」
  4. 東京入管 収容トルコ人腹痛、放置 虫垂炎と腹膜炎併発
  5. 深い傷 性暴力の現場から/上 告白の夜、夫婦で号泣 父から強姦、被害公表し支援側に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]