メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

女性政策

野田総務相、安倍首相との違いアピール

野田聖子女性活躍担当相=川田雅浩撮影

 野田聖子女性活躍担当相は8日、山形市内で開かれた自民党の会合で講演し、安倍晋三首相が「すべての女性が輝く社会」の実現のために掲げる「女性活躍」に関し、「女性として、『活躍』や『輝く』という言葉がストンと落ちてこない」と違和感を示した。秋の党総裁選に向け、女性政策を巡る首相とのスタンスの違いをアピールする狙いがある。

 野田氏は「女性は、男性と公平、公正に仕事をしたいだけで『輝きたい』と思う人はあまりいない。給料が男性の7掛けだとか、自分がやった方がいい仕事を男性がやるとか、そういう環境を改善してほしい」と指摘。このズレを改善するために女性活躍担当相への就任を志願したとし、「普通の女性たちの当たり前の気持ちを政策に反映したい」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り129文字(全文451文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鹿児島で新たに34人感染確認 クラスター発生の飲食店の客ら

  2. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  3. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  4. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  5. 大阪で新たに17人の感染確認、16人が10~30代 京都でも9人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです