メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友問題

口裏合わせ 佐川氏認識か 学園側に理財局要請

参院決算委員会で答弁するため挙手する安倍晋三首相(手前)と小野寺五典防衛相(奥左)。右は麻生太郎財務相=国会内で2018年4月9日午前、川田雅浩撮影

 学校法人「森友学園」への国有地売却問題を巡り、財務省の太田充理財局長は9日、理財局の職員がごみの撤去について虚偽の説明を学園側に要請していたことを明らかにした。同日の参院決算委員会での答弁。政府関係者によると、当時理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官はこの要請を認識していた模様だ。ごみ撤去の口裏合わせに理財局の国有財産管理部門が組織的に関与していた疑いが浮上した。

 太田氏によると、同局の職員が昨年2月20日、学園側の弁護士に電話し「『撤去費が相当かかった気がする…

この記事は有料記事です。

残り585文字(全文818文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 損賠訴訟 男児頭部にレジ袋 葬儀会社相手取り遺族が提訴
  2. ネパール 登山家の栗城さん、エベレストで遭難か
  3. 登山 大城さん、エベレスト登頂 日本人女性医師で初
  4. アメフット 日大の悪質タックル 警視庁が捜査へ
  5. 登山家 栗城史多さんエベレスト下山中に遭難 遺体で発見

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]