メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

中国首相

日中関係改善に意欲 貿易促進協と会談

 【北京・赤間清広】中国の李克強首相は9日、北京の人民大会堂で河野洋平元衆院議長が会長を務める「日本国際貿易促進協会」の訪中団と会談し、日中関係改善に強い意欲を示した。

     李首相は5月の連休明けに開催予定の日中韓首脳会談出席のため、2013年の就任以来初めて日本を訪問する方向で調整している。協会によると、李氏は会談で「中日関係を再び正常な軌道に戻したい」と強調したうえで、日中韓首脳会談に続く安倍晋三首相の訪中や、習近平国家主席の訪日実現のため「両国指導者が相互訪問できる良い雰囲気と民意を作ることが大事だ」と述べた。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. アメフット 日大の内田前監督、改めて「指示ではない」
    2. マネックス 松本社長「コインチェック6月中に全面再開」
    3. アメフット 日大選手の会見 三つのポイント
    4. 京都 「道路でこたつ」の若者を逮捕 京大院生ら2人特定
    5. 森友学園 財務省が国会に提出した交渉記録のPDF

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]