メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授
トランプ氏

シリアに警告「48時間以内に重大な決断」

 【ワシントン高本耕太、ブリュッセル八田浩輔、モスクワ大前仁】トランプ米大統領は9日午前、ホワイトハウスで開いた閣議の冒頭、シリアでの化学兵器使用を「残忍で凶悪」と改めて非難し、「今後24~48時間以内」に重大な決断をするとの考えを示した。前日の8日にはアサド政権が「大きな代償を払うことになる」とツイッターで警告しており、昨年4月に続く軍事行動に踏み切る可能性もある。9日には超タカ派で新任のボルトン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)統括の下、国家安全保障会議の幹部会議が開催される見通しだ。

 トランプ氏は8日、マクロン仏大統領と電話で協議し、化学兵器使用に関し「アサド政権が責任を負うべし」との認識で一致し、「強力な合同の対抗措置」の実施も確認した。シリアに派遣した米軍の早期撤収も主張するトランプ氏だが、この日はツイッターに「けだもののアサド」と投稿。アサド政権の後ろ盾のプーチン露大統領やイランも強く非難した。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  3. ファクトチェック マスクは首相の地元・山口県の企業が受注? 「全世帯配布」で駆け巡ったツイート

  4. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  5. 「かっこよかった」「生き方教わった」最高齢ライオン・ナイル 死の前々日まで咆哮 京都市動物園

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです