南相馬市

柳美里さん書店「フルハウス」オープン

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オープンした書店「フルハウス」の店内で接客する柳美里さん(右)=福島県南相馬市小高区で2018年4月9日午後2時40分、高橋隆輔撮影
オープンした書店「フルハウス」の店内で接客する柳美里さん(右)=福島県南相馬市小高区で2018年4月9日午後2時40分、高橋隆輔撮影

大入り満員の願い込め命名 JR小高駅近く

 芥川賞受賞作家で福島県南相馬市在住の柳美里さん(49)が店長を務める書店「フルハウス」が9日、同市小高区東町にオープンした。柳さんは、書店が近くのJR小高駅で電車を待つ高校生の居場所になったり、市外の人が訪れる新たなきっかけになったりすればと願っている。

 柳さんは東日本大震災後に県内に通うようになり、2015年4月に同市に移住。小高産業技術高の生徒が電車待ちをする場所がないことを聞き、書店開業を思いついた。オープンは同高の入学式(10日)に間に合わせ、この日を選んだ。大入り満員の願いを込めて「フルハウス」と名付けた。

 店内は「立ち読み大歓迎」で、長居しやすいよう椅子をたくさん配置。自身の著作の他、歌人の俵万智さんや芥川賞作家の中村文則さんら著名人24人が開店に寄せて推薦した本など、約2000タイトルの本が並ぶ。土曜日には、著名な作家を招き、輪読会などのイベントを開催する。今後は、カフェを併設したり、高校生の学習室を設置したりするなどの構想もあるという。

この記事は有料記事です。

残り437文字(全文890文字)

あわせて読みたい

注目の特集