メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

「やたけた」演じ続けた可朝さん

月亭可朝さん=大阪市北区で2015年、西本勝撮影

 破天荒、異端児、自由奔放……。月亭可朝さんには、どれも当てはまるようで、今ひとつしっくりこない。大阪には「やたけた」という言葉がある。やんちゃ、むちゃくちゃといった意味だが、可朝さんは「やたけた」を演じ続けた師匠だった。

 トレードマークのカンカン帽にちょびひげ。丸い眼鏡。インタビューで可朝さんは「(当時は)若かったんで、バカにされちゃいかんと思って」と話していた。師匠、桂米朝さんの葬儀でもカンカン帽は外さなかった。その変わらぬ姿は、晩年は実際の年齢よりも若く映った。古今亭志ん朝師匠と同じ誕生日(1938<昭和13>年3月10日)で80歳。「誕生日占い、あれは当てになりまへんな」と笑わせていた。

 「ヤングおー!おー!」「11PM」にこの格好で出始めたのは30歳前後。フォークブームの時代に、「出てきた男」、そして「嘆きのボイン」といったコミックソングは大ヒット。もともと、「ボイン」は「11PM」で大橋巨泉さんが朝丘雪路さんの胸を見て作った言葉だが、それを「嘆きのボイン」で全国区にしたのは可朝さんだった。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文855文字)

油井雅和

東京本社ウェブ編成センター記者。東京生まれ。早大卒。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです