メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

「やたけた」演じ続けた可朝さん

月亭可朝さん=大阪市北区で2015年、西本勝撮影

 破天荒、異端児、自由奔放……。月亭可朝さんには、どれも当てはまるようで、今ひとつしっくりこない。大阪には「やたけた」という言葉がある。やんちゃ、むちゃくちゃといった意味だが、可朝さんは「やたけた」を演じ続けた師匠だった。

 トレードマークのカンカン帽にちょびひげ。丸い眼鏡。インタビューで可朝さんは「(当時は)若かったんで、バカにされちゃいかんと思って」と話していた。師匠、桂米朝さんの葬儀でもカンカン帽は外さなかった。その変わらぬ姿は、晩年は実際の年齢よりも若く映った。古今亭志ん朝師匠と同じ誕生日(1938<昭和13>年3月10日)で80歳。「誕生日占い、あれは当てになりまへんな」と笑わせていた。

 「ヤングおー!おー!」「11PM」にこの格好で出始めたのは30歳前後。フォークブームの時代に、「出てきた男」、そして「嘆きのボイン」といったコミックソングは大ヒット。もともと、「ボイン」は「11PM」で大橋巨泉さんが朝丘雪路さんの胸を見て作った言葉だが、それを「嘆きのボイン」で全国区にしたのは可朝さんだった。

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文855文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ放火事件 青葉容疑者逮捕 殺人容疑などで京都府警 動機解明が焦点

  2. 摂津市、事務ミスで1500万円過大還付 60代男性「使ってしまい、返還困難」

  3. 青葉容疑者 生死さまようも体調回復で「勾留耐えうる」 会話も可能に

  4. 長野・坂城の民家で3人死傷 現場に拳銃?2丁 殺人事件として捜査

  5. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです