メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

武田 砂鉄・評『深夜のラジオっ子』村上謙三久・著

自分のために話しているそんな場所を残したい

◆『深夜のラジオっ子』村上謙三久(けんさく)・著(筑摩書房/税別1600円)

 深夜ラジオを聴いていると「自分の部屋とラジオブースしかこの世にはないんじゃないかという錯覚にも陥る」と漏らす著者の姿勢に頷(うなず)く人は、本書にたちまち没頭するはず。その「錯覚」を作り出してきた構成作家10人の証言を重ねていく本書は、思春期にクラスの主流ではいられなかった人々による、「自分が入れそうな気がする、一番楽しそうなところ」(石川昭人)での発奮が生み出してきた文化をじっくり知らせる。

 自分にとっても、伊集院光の番組を中心に、深夜ラジオの存在は、学び舎(や)で闊歩(かっぽ)する「うま…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文951文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです