メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シリア

化学兵器疑惑 OPCW、現地派遣へ 外務省は支援を強調

 【カイロ篠田航一、ブリュッセル八田浩輔】シリアの首都ダマスカス近郊での化学兵器使用疑惑を巡り、化学兵器禁止機関(OPCW、本部オランダ・ハーグ)は10日、調査団を近く現地に派遣すると発表した。シリアと後ろ盾のロシアも派遣を要請しており、国営シリア・アラブ通信によると、シリア外務省は調査団を「歓迎」し、「調査団に対して全ての必要な支援を提供する」と強調した。

 政府軍による使用の可能性が指摘される中、シリア外務省は、現地での事実確認により「西側諸国からの虚偽…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文530文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  2. 祖父母殺傷 少年「生徒に殺意。迷惑避け、まず家族を」
  3. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  4. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  5. サウジ記者死亡 総領事館内で何が 皇太子批判の末

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです